TOP > 事業を知る > 海貨・輸出入通関事業

事業を知る 海貨・輸出入通関事業

輸出入者に代わって通関手続きを代行

国境をまたいで貨物を輸送する場合、その貨物は国(税関)から輸出入許可を受ける通関手続きが必要になります。
本来であれば輸出入者が手続きを行いますが、内容が煩雑なため、輸出入者から依頼を受けた通関業者が代行します。

当事業では経験豊富な通関士がお客さまの手続きを全力でサポート。私たちは依頼された貨物を確実に輸出入させるだけでなく、輸出入禁制品の国内外への流出を監視し、国内産業そして人々の生活を守っています。

具体的な業務について

通関手続きの主な内容は2つ。輸出入許可を受けるための申告と関税の計算です。

輸出入申告

お客さまから事前に入手する書類をもとに、日本だけでなく国際法令を遵守した貨物であるかどうか確認するところから始まります。
必要があればそれらの法令に対しても許可申請を行います。もちろん書類上だけでなく、実際貨物を見て書類通りの品物・数量であるか確認し、輸出入申告書類を作り上げます。申告後は税関審査・検査に立ち会うなど、お客さまの貨物に輸出入許可が下りるようしっかりサポートします。

関税の計算

国内産業を保護するため日本は輸入品について関税が課されています。
お客さまは輸入許可と合わせて決められた関税を納税することで貨物を受け取ることができるようになります。関税は品物ごとや国際情勢によって税率が異なるため、どの税率が適用されるべきかしっかり確認し計算する必要があります。
多種多様な商品が日々作りだされる現代、適正な関税額を計算するためには常にアンテナを張り商品知識を増やすことが欠かせません。