menu

ダイトコーポレーションー

  1. ホーム
  2. CSR
  3. コンプライアンスとは

コンプライアンスとはCompliance

コンプライアンスとは

コンプライアンスとはCompliance

コンプライアンスとは

コンプライアンス
ダイトーコーポレーション(以下ダイトー)は2012年10月にコンプライアンス推進室を立ち上げて以来、第三者機関のアドバイスを得ながらコンプライアンス体制構築に向けて精力的に取り組んでいます。 ダイトーが目指すコンプライアンスは、単に法令等遵守に留まらず、その背景にある法の精神や社会良識といった「社会規範全般」、さらには社内規則や業務マニュアルなども含めた幅広い規則を遵守していくことに加え、企業リスクを回避するために、どういうルールを設定して行くか・どのように運用して行くかを考え、その環境の整備までを含んでいます。

≪「ダイトー基本理念」と「企業行動規範」≫

ダイトーは2004年2月に「ダイトー基本理念」と「企業行動規範」を定め、法令等遵守と企業倫理の観点から企業としての社会的責任を果たし、ステークホルダーの信頼を得るため我々社員一人ひとりが日常業務や営業活動においてどう行動すべきかについて具体的に定めたものです。また、両指針を小冊子に纏めて全役職員に配布すると同時に、毎年新入社員へは4月の研修時に両指針の周知を図っています。


≪円滑な社内コミュニケーションと内部通報制度の設置≫

社内相談窓口

コンプライアンスに関する報告・相談ルートとして、社外弁護士や第三者機関を含めた複数のルートを設置しています。

社内相談窓口 – 内部監査室長
社外相談窓口 – ダイトーヘルプライン『あんしん目安箱』※匿名可
社外相談窓口 – 川崎汽船グループホットライン
≪コンプライアンス教育、研修と啓蒙≫
社員のコンプライアンスに対する意識の向上とコンプライアンス実践に向けた必用な知識・情報の周知を図るため、ダイトーグループでは全役職員向けコンプライアンス・セミナーの実施をはじめ、「CSR・コンプライアンス・ガイドブック(2015年発行)」の作成配布、ポスターの作成、コンプライアンス標語コンテスト、eラーニングによる理解度チェック(ダイトーのみ)等を実施しております。
≪コンプライアンス意識調査≫
全職員のコンプライアンス意識浸透の評価と潜在する問題点を洗い出すため、第三者機関を通じて2013年度より毎年コンプライアンスアンケートを実施し、その分析結果を全役員へ報告すると同時に社内掲示板で公表します。また、結果をもとにさまざまな施策立案・実行に役立てています。
≪川崎汽船グループとしてのコンプライアンス≫
ダイトーは川崎汽船が定めた「グループ企業行動憲章」、並びに「川崎汽船企業行動憲章実行要点」を規範として行動指針を定めています。
これからもダイトーコーポレーショングループの社員一人ひとりがコンプライアンスを正しく理解し、高い倫理観を持ってビジネスに取り組み、社会・顧客・株主といった様々なステークホルダーから信頼が得られるよう、各種コンプライアンス施策を立案・導入し、全役職員が一丸となってコンプライアンスを実践してまいります。