menu

ダイトコーポレーションー

  1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 沿革

沿革History

沿革

沿革History

1934年 9月 大村組と極東回漕店が合併し、資本金23万5,000円を以って大東運輸株式会社を設立
川崎汽船株式会社の京浜港における総合代理店ならびにこれに附帯する港湾運送業者として営業開始
1947年 2月 横浜支店を開設(横浜出張所昇格)
1953年 7月 千葉支店を開設(千葉出張所昇格)
1963年 9月 横浜一文字倉庫を新築、倉庫事業開始
1965年 2月 資本金2億円に増資
1965年 7月 本社社屋を新築
1968年 4月 コンピュータ導入
1968年 9月 資本金4億円に増資
1969年 8月 本牧コンテナターミナル(本牧事業所)を開設
1972年 10月 大井コンテナターミナル(現大井事業所)を開設
1974年 6月 袖ヶ浦支店を開設(袖ヶ浦出張所昇格)
1974年 12月 東京湾内における海上防災事業開始
1976年 9月 袖ヶ浦倉庫(現・長浦センター,倉庫,事務所)を開設
1979年 11月 有明定温センター(倉庫,事務所)を開設
1985年 7月 日本/中国間国際複合一貫輸送業務開始
1985年 9月 大東田町ビルディング完成。不動産業務開始
1987年 5月 本社ビル別館完成
1989年 4月 大井物流センター(倉庫,事務所)を開設
1991年 3月 資本金8億4,250万円に増資
1991年 12月 北袖センター(倉庫)を開設
1992年 12月 千葉ポートセンターを開設
1993年 4月 ワールド流通センター(倉庫,事務所)を開設
1993年 6月 大井定温センター(倉庫,事務所)を開設
1993年 10月 株式会社ダイトーコーポレーションに社名変更
1996年 1月 大黒物流センター(倉庫,事務所)を開設
1996年 3月 フィリピンに総合物流センターMD Distripark Manila,Inc.(合弁会社)を設立
1998年 1月 有明国際物流センター(倉庫,事務所)を開設
2000年 1月 袖ヶ浦支店を廃止し、千葉支店に統合
2001年 5月 中国に青島事務所を開設
2001年 12月 米国にロスアンゼルス事務所を開設
2002年 1月 中国に香港事務所を開設
2002年 1月 親会社(株)ケイライン物流ホールディングスの新物流会社(株)ケイロジスティックスの設立に伴い、当社戦略営業推進事業部及び海貨事業部の海貨セールス業務を同社に移管
2002年 3月 有明定温センター跡地に有明新国際ユニバーサル物流センター(倉庫,事務所)を開設
2002年 8月 定款の目的に「産業廃棄物の収集、運搬及び処理業」を追加
2002年 9月 フィリピンのマニラにタグボート会社 GREAT EASTERN TUG CORP. を設立
2004年 2月 ダイトー基本理念制定
2005年 1月 環境マネジメントシステムISO14001認証取得
2005年 4月 全営業部門でISO9001:2000認証取得を完了
2005年 11月 新本社ビル竣工
2006年 11月 本牧事業所(川崎汽船横浜コンテナターミナル)本牧A-8号より、A-5.6号へ移転
2007年 11月 上海事務所開設(2008年9月青島、12月香港、2009年3月ロスアンゼルス事務所閉鎖)
2008年 11月 フィリピンのMD Distripark Manila,Inc.を完全子会社化
2009年 4月 本牧物流センター開設
2011年 3月 定款の目的に「警備業」を追加
2012年 3月 パイロットビル竣工
2016年 6月 定款の目的に「内航海運業」を追加し、「産業廃棄物の収集 運搬及び処理業」を削除
2016年10月 本牧事業所(川崎汽船横浜コンテナターミナル)より大黒事業所へ移転